高度ものづくり人材育成講演会in釜石(第4回)を開催しました

 3月26日(火),釜石市教育センター第1研修室で,第4回目の「高度ものづくり人材育成講演会in釜石」が開催され,10名ほどの参加者が加工技術の基礎理論と人材育成について学びました。
 開会に当たり,三陸復興推進機構ものづくり産業復興推進部門人材育成班班長廣瀬宏一教授から,今回の目的の説明と講義内容の紹介があり,引き続き,⼯学部機械システム⼯学科水野雅裕教授,株式会社ソディック東日本支店仙台営業所⼩栗学氏及び岩手大学大学院⼯学研究科⾦型・鋳造⼯学専攻客員教授税所誠氏(元アルプス電気ものづくり研修所所⻑)から,切削や研削,放電による加工技術の基礎及び人を育てることについて講演がありました。
 水野雅裕教授からは講演の中で,財団法人釜石・大槌地域産業育成センターに導入した「同時5軸マシニングセンタ」「CAD/CAMシステム」などの加工機器類の紹介があり,製品開発の道具として活用されることが期待されます。

第4回高度ものづくり人材育成講座in釜石 開催のお知らせ

 岩手大学では2011年の東日本大震災発生以降、三陸沿岸の復旧・復興に対応するべく三陸復興推進機構を立ち上げ、県内各地で復興支援活動を行ってきました。また2011年10月1日には釜石サテライトを設置し、被災地のニーズの収集、大学の研究シーズとのマッチングに力を入れています。
 岩手大学の復興支援活動の一環として、釜石地域におけるものづくり人材の育成講座を開催しています。第4回目の今回は、加工技術の基礎理論と人材育成について講演を行います。

開 催 日 :  第4回 2013年3月26日(火)
開催場所: 釜石市教育センター5階 釜石サテライト
       (住所)釜石市鈴子町15番2号
参加費:無料
主催: 岩手大学三陸復興推進機構
協力: 財団法人釜石・大槌地域産業育成センター
    岩手県技術士会
    公益社団法人日本技術士会
    岩手マイスター事務局

高度ものづくり人材育成講座in釜石第2回目開催

開会の挨拶を行う日本技術士会堀内孝男経営工学部会長

 釜石サテライトでは,12月21日(金)及び22日(土)に,高度ものづくり人材育成講座in釜石第2回講座を開催しました。
 この講座は,岩手大学の復興支援活動の一環として,釜石地域におけるものづくり人材育成を目的に行っているもので,今回は,講座の第2回目として,公益社団法人日本技術士会から講師を招き,「ビジネスプランニング」に関するプログラムを行いました。

 日本技術士会は,技術士制度の普及,啓発を図ることを目的に設立され,技術系人材の育成や企業に対する技術指導・技術調査研究等の協力などを行っており,また,官公庁や地方自治体等からの各種業務の受託など社会貢献活動にも力を入れています。

 今回のプログラムではビジネスプランニング(事業計画)の立案に関する講義及び実習を通じて,「なりわいの創造」に担う人材を育成することを目的にしております。
 講義中にも,講師陣からのフランクな意見誘導もあって,受講者から経営の現状や問題点などさまざまな発言が活発に行われました。

 このプログラムは,引き続き1月18日,19日にも第3回目の講座があり,事業計画書の作成と全体のまとめが行われます。

高度ものづくり人材育成講座in釜石 開催のお知らせ

三陸沿岸もようやく秋らしい気候になってきたかと思えば、振り向けばもう冬、そんな季節になってきましたね。師が走りだそうとウォーミングアップを始めそうな勢いです。日を追うごとに朝布団から出るのも辛くなってきました・・・。ところで師って誰なんでしょう?
さて、そんな今日はものづくり企業さま向けに情報をお知らせします。

この度岩手大学三陸復興推進機構主催で『高度ものづくり人材育成講座in釜石』を11月27日より開催します。全4回のこの講座、岩手大学工学部と日本技術士会の方々で講師をつとめ金属加工等ものづくりの現状、人材育成の事例紹介、またビジネスプランニングやマーケティングに関する講演などを行う予定です。
第2回、3回については講義形式で経営戦略、事業マインドを養います。
詳細についてはリーフレットをご覧ください。


『高度ものづくり人材育成講座in釜石』リーフレット

 

釜石・大槌地域在住のものづくり企業のみなさま、また他の沿岸地域のみなさまでも興味のある方の参加をお待ちしております。