内陸で震災対応研修の講師をしてきました(心のケア班)

2017年11月2日(木)…県養護教諭部会主催の震災対応研修会で「喪失の講話」と「傾聴のワークショップ」をしてきました。
会場は「やはぱーく(矢巾町交流活動センター)」で、県内各地から30名ほどの養護の先生がお集まりでした。
遠い所からの先生もいらして、関心の高さを感じました。

依頼の内容は、内陸に避難した子どもへの対応と子どもたちの様子について、ということでした。
そこで第一部は、「ふるさとを失った子どもに寄り添うために」と題して、大事な人やふるさとを失ったり離れることを余儀なくされた子どもが感じる世界、寄り添うためのヒントについて話しました。

第二部は、ワークショップということで傾聴の研修を(いつもの60%くらいまで)行いました。
傾聴の研修は話していただく時間が多く、笑いあり、勉強になることありで、元気になっていただけたと思います。

・もう少し「喪失」「悲嘆」「二重過程モデル」について知りたい。
・話をそのまま聴くということが大事だと分かった。
等々ご感想をいただきました。
ありがとうございます。

市民講座では「悲しみを抱える・悲しみを支える」と題して、喪失の話をもう少し詳しく話します。
また、「相手を支える話の聴き方〜言説の圧〜」では、話をそのまま聴くことの意味を話します。
機会があればご参加ください。

最後になりますが、今回の演題を毛筆で書いていただき、とても感動しました。
ありがとうございました。

講演録(子どもシンポジウム)あります

2017年2月11日に、心のケア班が釜石市で開催した『子どもの心とあゆみを支えるシンポジウム』の講演録ができました。シンポジウムの内容を、演者のみなさんに修正加筆していただておりますので、読みやすくなっております。内容も、喪失、トラウマ、地域の支援、福島をはじめとした被災3県の子ども支援の様子など、多岐にわたる内容で読みごたえのあるものとなっています。すでに全国都道府県の社会福祉協議会様には送付させていただいております。若干ですが残部がございます。ご希望の方は、ご足労ですが岩手大学釜石サテライトまでお越しください。郵送をご希望の方はご連絡ください。よろしくお願い致します。

釜石の皆様、これからよろしくお願いします

平成29年4月1日付け人事異動で、2名が釜石サテライトに着任しました。
両氏の談話によると、釜石が想像以上に寒いことと、鹿との遭遇確率が高いことに驚いていました。
仕事に関しては、これから徐々に馴れてくれるものと期待しています。
釜石の皆様、新人の二人をこれからよろしくお願い致します。

心のケア班・シンポジウム報告

2017年2月11日(土)・釜石地区合同庁舎4階大会議室で開催された「子どものあゆみとそだちを支えるシンポジウム」について報告します。

参加人数
一般参加    63名
メディア     4名(4社)
運営スタッフ  12名

遠くは山陰地方より足を運んでくださった方もおり、参加いただいたみなさまには本当に感謝いたします。いくつかご感想を紹介させていただきます。スペースの関係で抜粋となりますがご容赦ください。

「(20年以上前に)子どもを亡くした私にとって、このような集いがあるだけで大きな救いです。参加すると癒されるような温かい気持ちになります。ほんとうにありがとうございます。」

「ずっと避け続けてきた震災関連の講座に参加させて頂きました。色々な想いがあり、なかなか心の整理もできていません。大人の心の傷…というかトラウマの乗り越え方等の現状を取り上げて頂きたいなと思います。」

「福島県の話が聞けてとても良かった。また聞きたい。」

「気持ちは再建へまっしぐら、多くの住民もその気持ちが大きいのではと思っています。それでも再建に気持ちが向けられない人もいること、アンビバレンスな気持ちで再建にすすまなければならない人もいることを忘れてはいけないと感じました。」

「災害で家族を亡くした子どもに寄り添うとき、病気が完治するようなイメージではないと改めて思いました。」

「子どもへの支援の話が中心のシンポジウムだと思い参加しましたが、子どもを支える大人、地域への支援、地域再生、支援のあり方など多岐にわたる内容でとても興味深く拝聴させていただきました。」

53名の方々にアンケートをご提出いただきました。
評価としては…

大いに満足(35名)
比較的満足(15名)
少々不満 (0名)
非常に満足(0名)
   ※未回答(3名)

ということで、好評をいただけたのではないかと思っています。
人が集まるだろうか?とざわざわする夜もありました。
内陸ならもっと人が集まったのかもしれませんが、やはり沿岸でこころのことに触れる機会を作りたいと思い、1年かけて準備してきたかいがあったと安堵しています。
その辺のねらいのようなものは、岩手大学三陸復興・地域創生推進機構レターVol.4(2017年3月発行予定)に寄稿させていただきましたので、そちらもご覧ください。

ご参加のみなさま、講師の福地先生、高橋先生、大塚先生、この場をかりて感謝申し上げます。
感想にもあったように、温かい気持ちになるような時間になったのは、みなさんの日頃の実践の結晶と思っています。

むちゃぶりによく付いてきてくれた院生のみなさんと事務スタッフのみなさん、本当にありがとうございます。
忘れっぽい私は何度も助けられました…あ!市民講座は続いておりますので、まだまだ付き合っていただきますよ!

最後になりますが、このシンポジウムは音楽グループ「スターダスト☆レビュー」とファンの皆様の寄附をうけて取り組みました。
今後のご活躍をお祈り申し上げます。
大変ありがとうございました。

心のケア班・シンポジウム開催!

お待たせいたしました。
心のケア班では、子ども支援に関わるシンポジウムを開催します。福島・宮城・岩手で心理支援活動を行なっている方々をおよびして、東日本大震災での子どもたちの支援について情報を共有し、この先の支援について考えます。ふるってご参加ください!

ーーーーーーーーーー 心のケア班・メール登録のご案内 ーーーーーーーーーーー
心のケア班の企画のご案内や,ブログ更新情報などメールでお届けいたします。
ご希望の方は,配信を希望するメールから送信してください。
・宛先:heart@@iwate-u.ac.jp
(スパム防止のため@@にしてあります。1個に変えて送信してください。)
・件名:メール登録希望
・氏名

m(..)m…お願い
岩手大学のドメイン(iwate-u.ac.jp)許可をお願いいたします。
戻ってくるメールが(特に携帯で)多くあります。