釜石サテライト新築工事

 岩手大学では,釜石市平田地区に「三陸復興推進センター(仮称)」の建築を進めています。
 岩手大学では,東京海洋大学及び北里大学との3大学の連携・協力により,三陸水産業の復興と地域の持続的発展に寄与することを目的として教育・研究を進めていますが,水産加工実験室等を配置しているこのセンターが,今後の教育・研究の拠点となります。

※ 建物の名称が,「岩手大学三陸復興推進機構釜石サテライト」となります。
  (タイトルも変更しました。2月20日更新)

※ 移転予定日が決まりました。「釜石サテライト移転のお知らせ」を御覧ください。
  

施設の概要

建物規模:R2 1,900㎡
工事期間:平成24年7月~平成25年2月
主要居室:セミナー室,水産加工実験室,水槽実験室,事務室,会議室,共用研究室,機器分析室,化学実験室,レンタルラボ(1)(2)

開所式予定

平成25年5月

建設場所

釜石市平田第3地割75-1

完成予想図

 


釜石大観音展望台から見た建設予定地(2012年7月18日)

 中央の空き地が,建設予定地です。奥隣の建物が岩手県水産技術センターです。
 左側から奥に伸びる水面は,釜石湾と平田漁港です。
 漁港奥に,平田の住宅地があります。一部浸水の跡が残っています。20120718平田

工事の進捗状況を以下のページでお知らせしています。

パート1(2012年10月16日)
パート2(2012年12月28日)
パート3(2013年2月5日)
パート4(2013年2月20日)
パート5(2013年2月27日)