津波避難訓練を実施しました。

岩手大学釜石サテライト・三陸水産研究センターでは、「海の日」にちなんで釜石市が主催した津波避難訓練に併せて7月20日に津波避難訓練を行いました。当日は、岩手県沖を震源とする地震5弱が発生し岩手県沿岸地域に大津波警報が発令され、巨大津波が来ることを想定した訓練であり、釜石市の防災行政無線による本番さながらの大津波到来想定の避難訓練となりました。

今回は、釜石サテライトで作成している防災・防火マニュアルに従い、各教職員が緊迫した雰囲気の中、迅速かつ安全に避難を行った。本サテライトは、海から数十メートルのところに位置しており、津波が押し寄せる場所でもあり、教職員は真剣に取り組みました。一次避難場所の釜石サテライト前に集合後、二次避難場所である、釜石サテライトより約700メートル北側に位置する釜石市 岩手沿岸南部広域環境組合が運営している岩手沿岸南部クリーンセンターに避難し、防災・防火マニュアルの確認とともに職員の共通理解を得ることができ、有意義な津波避難訓練となりました

文部科学省高等教育局国立大学法人支援課長補佐が訪問いたしました。

平成28年6月17日(金)に釜石サテライトを訪問されました。当日は,田中三陸水産研究センター長から,釜石サテライト・三陸水産研究センターの現状等について説明があり,特に,研究内容,地域連携の状況,今後の方向性等について情報提供を行いました。また,2年後に農学部食料生産環境学科水産システム学コースの学生が三陸水産研究センターで教育研究を行うことに触れ,今後の人材育成について多いに期待している旨のメッセージを頂きました。

株式会社東北銀行と連携協力協定を締結しました。

岩手大学三陸水産研究センターは、株式会社東北銀行(本社 岩手県盛岡市)と三陸沿岸地域の水産業界の振興と発展を目的とし平成28年7月1日に「産学連携協力に関する協定書」を締結いたしました。

本件連携協定は、岩手大学三陸水産研究センターと株式会社東北銀行のそれぞれが保有する研究課題や企業の経営課題に関する情報、ノウハウ等を用いて相互に協力し、協働した取組を行うことにより、三陸沿岸地域の水産業界の振興と発展に貢献することを目的としております。

今後、地域経済活性化に関することや岩手大学三陸水産研究センターの研究成果に関すること、産学官金連携による新たな価値の創造に関することなどの情報共有を図り、三陸沿岸地域の水産業界における学金連携による課題解決に向けた取組を進めることとしております。

平和の象徴~サテライトの日常~

最近はネタが少ないこともあり、もはや『心のケア班ブログ』と名称を変更すべきかと悩むほどにサテライトとしてのブログ更新が滞っておりました。

実情は事務組織、先生方、研究員共に新体制となり、タネはいっぱいあったのですが・・・これからはこまめに更新できるよう努力する所存であります。

先日サテライトに『招かれざる客』が来所いたしました。

それは・・・

IMG_0663

平和の象徴、おハト様でございます。どうも左目を負傷されているようです。

よく見るとボロ(競馬用語:糞)もされており非常にリラックスしているようです。サテライトの居心地がいいのか、近づいてもなかなか飛び立ちません。

まぁしばらくしたら出立するだろうと思い見守っていると、翌日もその翌日もウロウロ・・・

サテライトのマスコットとして居座っていただくことまで視野にいれておりましたが、流石にハトオーナーの気持ち、環境衛生上の問題も考慮し、涙をのんで捕獲作戦を実行することになったのです。

我々岩手大学釜石サテライトの学術、研究機関としてのプライドと英知を詰め込んだ最新鋭の捕獲マシーンがこちら。

IMG_0678

※一連の作業は休憩時間に行っております。(仕事はちゃんとしてますよ)

もちろん捕まるわけもなく、サテライトの狩猟民ことK氏が捕獲。無事に飼い主様のところにお帰りになられました。

『ハトも居座る居心地の良さ』を売りに水産コースの学生募集をかけては、と密かに画策している事務のOでした。