【心のケア班】つぶやき・ハート3発

窓を一生懸命に拭いたのに,汚いぞと思っていたらメガネが汚れていた佐々木です。
さて,心のケア班ということで,ケア班の作成物にはハートを持ったがんちゃんが登場しています。気になる方は一つ前の市民講座のチラシをごらんください!(ちゃっかり番宣)

それで,今回はこれまでに私が出会ったハートマークをご紹介しようと思います。
まずは,何年か前に富士山の5合目あたりを歩いていたときのもの。
苔のハート型のくぼみに出会いました!
パシャ!

IMG_0021

苔ハート・富士山5合目にて

つづいては,虫です。
苦手な方,すいません。
スルーしてください。
庭に来たお客さんです。
おそらくカメムシの一種だと思うのですが,正式な名前は不明です。
背中のハートにおもわずパシャ!

IMG_1091

虫ハート・庭に来たお客さん

さぁ最後です。
これは実家にあった「ふうせんかずら」という植物の種です。
外国では「おさるさんの顔」と呼ばれているらしいですよ。
ほおずきより小さい,緑色の風船ができます。
グリーンカーテンにも使われるようです。
あの5人組の正義の味方でピンク色の人を思い出したのは私だけでしょうか。
もし種が欲しい方は市民講座にてお分けいたしますので,お声をかけてください。
物でつるわけではありませんが…市民講座よろしくお願いします。

IMG_1787

種ハート・ふうせんかずら

<<カウンセリングのお知らせ>>
☆心のケア班では、無料でカウンセリングを行っております。
・つらい体験に苦しんでいる
・病院に行くほどではないが気分やこころの調子が悪い
・調子の悪い人がそばに居て、どう配慮したらよいか知りたい
震災と無関係のように思える事でも、震災に起因するストレスが隠れている場合もあります。まずはご予約のうえご相談ください。

【相談受付電話】:019-621-6848(月〜金;11:30〜12:30)
※ 祝祭日・お盆期間・年末年始を除きます。

☆釜石市教育センター5F「岩手大学釜石教室」でもお話をうかがえるようになりました。相談受付の際に「釜石教室で」とお伝えください。後日面接日時をお知らせいたします。

【心のケア班】出前授業しました

こんにちは。自動点灯のトイレに入って電気が点かないと「自分って存在感ないのかな〜」と落ち込む佐々木です。

さて、先日、沿岸のある中学校に行って授業をしてきました。いじめ予防のためのスキルトレーニングです。そもそも学校でのいじめを予防する目的があるのですが、震災のように広い地域に強いストレスがかかると、ある人は怒りっぽくなったりして、いさかいが増えたりすることがあります。学校の場合には、そういう背景からいじめになったりという可能性もあるので、いじめ予防は震災対応の1つでもあります。昨年度に、そういう主旨でいじめ予防のための授業を4回のシリーズもので作りました。テーマは順番に、①場に対する懸念、②傾聴、③自己主張、④話し合い、というものです。今回の授業は4回目の「話し合い」でした。

ちなみに、2回目の「傾聴」の授業ですが、中学生に「傾聴」を伝えるという授業はなかなかやっていないのではないかと思っています。討議とか優劣を競うということはあるけれど、そのまま相手の話を聞き届ける(傾聴)ということは少ないのではないのかな?と思います。その傾聴の考え方を使って、今回は「価値がぶつかったときどうするか?」という主旨の授業だったわけです。このいじめ予防授業を始めて2年目ですが、毎回、子ども達から学ばせてもらって、ちょっとずつ授業も成長しています。

生徒さんの感想です。「意見がぶつかっていろいろ大変だったけど、その相手の言いたい事は分かったので良かったです。」・「自分の考えをゆずることは、難しいことだなと思いました。ゆずる感は大事だと思いました。」

改めて皆さんの感想を見返すと、説明が足りないとか、進め方を変えなくてはいけないと思える意見に出会います。感想をくれたみなさん、4回シリーズを快く受け入れてくださった学校の先生方、本当にありがとうございます。まだまだ未熟で申し訳ないのですが、少しでもよいものにするためにがんばります。

★☆お知らせ☆★
市民講座の月例版を現在準備中です。講師は佐々木です。今回は、「傾聴」「リラクセーション」「子ども」をテーマに、宮古・釜石・大船渡・陸前高田の各所で実施します。宮古・大船渡・陸前高田では平日の夜にいずれかのテーマで実施、釜石では土曜の昼に3つのテーマを実施します。詳細が決まりしだい、お知らせいたします。

心のケア班市民講座④「相手を支える話の聴き方」を実施しました。

2015/2/25市民講座月例版④「相手を支える話の聴き方」を開催しました。

本日の参加は12名、和気あいあいと、ときに真剣に進んだように思います。

これにて、本年度の月例版市民講座は終了です。みなさまご協力ありがとうございました。3月の拡大版もよろしくお願い致します!